1 litter days

訥々

20130713-16 北八ヶ岳での邂逅

f:id:none-rabbits:20130716074833j:plain
この三連休、私は有給を頂いて四連休にし、北八ヶ岳に単独行をしに行ってきた。私の単独行と言えば、大峰山脈の山々に日帰りで行ったり、北アルプス薬師岳や、久住連山に一泊二日で出かけるだけだった。山行で言えば、二泊三日が最長でしかもそれは二人連れのパーティでだった。穏やかなイメージの北八ヶ岳とは言え、初めての単独行、しかも自炊、長時間行動×2日(7~9時間)は過酷に思えた。
大きめのオスプレーのザックは55Lでテント泊か?と見紛うくらい。今思い返してみると、要らない荷物もいっぱいあったし、必要な荷物が入っていないこともあった。でもこの荷物の大きさは私の不安の現れであり、私の今の実力なのだった。
高度を徐々に上げるにつれ息が浅くなり歩幅が狭まり何度も苦しいと思った。苔むした登山道を駆け下りる時、雨露に濡れた岩稜を渡る時、トレッキングポールが上手く地面に刺さらない時、何度もひやりと焦り、ひどい汗をかいた。尻餅をつくような転け方から体を打ち付けるような転け方もした。体が熱を逃しきれず鼻水は何度も垂れそうになるし、汗が髪に染み込んで顔に張り付いて見られない格好だし。ガスばっかりで視界は不明瞭、陽が当たらずレインウェアでも寒さが凌げず、晴れたと思ったら虻が近寄ってきてぶんぶん五月蝿いし、サポートタイツの上から刺そうとしてる。
でも、高山植物の女王のコマクサは可憐に花弁を垂れていて、へたりながら下った登山道の横を呑気に登るカモシカに、鬱蒼と茂る森にたくさんの三又の鹿の足あと、淡く桃色に色づいたハクサンショウブ。ガスった山に一瞬強い風が吹き登ってきた茶臼山の全容が明らかになった時今まで囚われていた苦しみが一瞬にしてガスと一緒に霧散した。早朝誰もいない東天狗岳で曇り一つない八ヶ岳で主峰が露わになった時、我を忘れて感嘆の声を上げ今までの四日間の全てが報われた気がした。そこから西天狗岳まで走って上り、私の東天狗岳を何枚もカメラに納め、行き交う人に素晴らしい景色が見えますよと何度も声をかけた。何度も振り返り振り返り美しい山々を眺め、立ち止まっては息をするのも惜しいくらいこのままでいてと願った。せめて私がこの景色が見える間だけでもその姿を留めていて。自分の堪え性のないところ、感情で突っ走ってしまうところや、とにかく失敗が多いこと、考え方を中々変えられないこと、それらどうしようもないところを、もう何年も憎んでいるんだけど、こうやって、必ず歩き続けていれば必ず何か実を結ぶ事もあるのだと。私はスピードは早くないけど、ゆっくりでも一つ一つ進んでいればきっといつか何かをなすことが出来ると、山を登りながらようやく自分が好きになれる気がした。

f:id:none-rabbits:20130430173239j:plain

本日のワインin実家。

カルディが地元にオープンしてたので、そこで調達。もう少ししっかり深みがあって、苦みが少ないと好みの味になるなぁ。

投稿はしてないけど、まぁほんとはもっと飲んでます!

明後日も、飲んだワインをアップしまする。

大和葛城山ー金剛山(ダイトレ)

f:id:none-rabbits:20130421130132j:plain

暖かくなったら低山、暑くなったら高山。と、ふつー思うではないですか。

今日はすげー寒かった!

金剛山は売店近くの温度計で2度。フリースもレインウェアもちゃんとしてるのにガクガク。せっかくトマトラーメン作ったのに(ベビーリーフとウインナーとチーズを用意してた)、写真撮れなかった。激烈寒かったからめちゃめちゃ美味しかった…!

良い山なんだけど、木道、というか木の階段が多すぎて私は苦手。訓練のために登る山、という感じ。

さて、来週は九重山、大船山が待っている!

葛城登山口8:50→(天狗谷)ベンチ9:37→大和葛城山山頂10:15(10分休憩)→国民宿舎→水越峠10:58(7分休憩)→カヤンボ休憩小屋11:45→葛木神社12:57→売店13:08(55分お昼ご飯)→(千早本道)バス停14:39

f:id:none-rabbits:20130407135920j:plain

見るからに、甘そう…でしょ!

今はやりのパンケーキ。大阪に来てた友だちと昨日食べに行き、のんびりだらだら。

しかし酒舌が影響して、甘いものが食べられなくなっており、半分以上友だちに食べてもらったよ。これ、1,200円。

このあと串かつでお口直し。やっぱり酒やで…!

仕事で人に当たりまくってしまつた。なんか気持ちのコントロールが上手くいかん…。はふ。

岩湧山 (滝畑ダム→岩湧山→紀見峠駅)

f:id:none-rabbits:20130330113324j:plain

3/30、会社の同期と花見に行こうと思ってたらタイミング合わず延期。というのが29日の夜に分かって、少しだけ嬉しい気持ちになったのは内緒。だって、山に行けるから。日曜に行くよりも土曜に行くほうがすき。土曜の振り返りで日曜日が楽しいから。

29日の夜、私は久々に知らない山を登ってみたくなって、六甲じゃなくてどこか違う山がないか、探していた。大阪から朝一で行けるのは六甲か、金剛山系。金剛山系はなんとなく年配のハイカー達の山脈みたいな気がして今まで気が引けていたけど、知らない山を一人で歩くという恐怖と期待感には逆らえず、次は金剛山系のどこか!と決めた。トータル3~5時間歩いて帰りに温泉に寄れて…と思うと、幾つか候補があったけど、ススキの情景が思い浮かび岩湧山に決めた。

f:id:none-rabbits:20130330111832j:plain

最初はちょっと急なのぼりを30分(カギザコ~東峰の尾根序盤)、あとはのんびり45分登ったり下ったり、そして上記の階段から10分弱。で、頂上。

短い登山道だけど、たのしーい!

山頂ではサーモスに入れたお湯でコレ。うま。

f:id:none-rabbits:20130330114121j:plain

山頂から紀見峠駅までがなんとなく山の散歩!という感があってすごく癒される。のんびり、と言いながら下る足取りは軽く、いいペースだなあと思っていたら、急坂が現れ始め、舗装道路の急坂が足へ相当な負担となった。くだりはおおむねコースタイムの1/2くらいで下れるのに今回は、1.7時間。ひいい。足が疲れたよ!

f:id:none-rabbits:20130330134344j:plain

紀見峠駅近くでは思いがけず、桜を見ることが出来た。満開だ!

楽しかったなあ。次はどこの山に登ろうかな。

20130328

f:id:none-rabbits:20130328114821j:plain

本日のランチ。今日のアポイントの時間が繰り上がった為急いで出てきて外でランチ中。大阪福島のスウィートバジル。エスニック料理大好き。特に、スウィートバジルは最高!会社から結構近いのでありがたやー。

辛いのも私にはちょうど良くて、大好き!

さて、お昼からもがんばろ。